神奈川県川崎市のポスティング会社をお探しなら株式会社リーセンド

COLUMN

コラム

数字でキャチコピー

世の中には数字の入ったキャッチコピーが溢れています。

キャッチコピーに限らず、書籍タイトル、広告、チラシ、様々な媒体の中に頻繁に登場する「数字」。

ただし、この方法は取り入れるに当たっていくつか気をつけるポイントがあります。キャッチコピーの中に効果的に数字を取り入れるために、

抑えておくべきポイントをまとめてみました。キャッチコピーに数字を用いることの一番のメリットは、説明が「具体的」になることです。

数字を使うことにより、読み手や消費者は、その商品やサービスがどれほどの評価や性能なのかを、客観的な指標を持ってとらえることができます。

例えば、「お客様の95%が満足し、83%の方がリピートしてくださっています。」と数字を使うことにより、表現が具体的になります。

次に、その数字に根拠があることも同じぐらい重要です。

例えば、数字にまったく根拠が無いのであれば、企業の信用は大きく失墜することでしょう。

そのため、多くの企業は数字の入ったキャッチコピーを使用する際、その数字の根拠となる説明文も併せて記載しています。

もしキャッチコピーに数字を使うのであれば、その数字の根拠となるデータや集計方法を併記しておくことが得策でしょう。

具体的な数字を根拠を持って提示する。これが数字を使ったキャッチコピーの大前提です。しかし、実はこれだけではまだ不十分です。

最後に「読み手にとって身近な数字に置き換える」という工夫が必要です。

数字はキャッチコピーに「具体性」をもたらします。

それにより、読み手や消費者はその商品やサービスに対しての評価ができ、信頼を持つことができるのです。