神奈川県川崎市のポスティング会社をお探しなら株式会社リーセンド

COLUMN

コラム

内職とは?

内職の始まりは、家内工業である。その起源は江戸時代の武士の内職とも言われる。

現代では、内職といっても様々な種類があり、手加工を伴う内職が一般的です。

内職本来の意味で言う、手加工を伴う内職は、紙を加工するものから、箱の組み立て、など様々な作業があります。

近年では、インターネットの普及に伴って、アフィリエイトやテレビ電話で対応する業務等が目立ってきています。

さらに、商品や郵便物の封入作業や、陳列ケースに並べる商品見本の製作も内職で行われている場合があります。

その他には、機械ではできない、機械加工後のバリ取りなどの最終整形作業が内職で行われることもあります。

単価の決め方は、ひとつの加工あたりで決定します。作業は、内職業者が内職をする者の自宅へ加工してほしい商材を配達する場合と、

内職業者の事務所で作業する二通りの形態があります。

人種は主婦が7割と2割が高齢者となり、会社近くの地元の方が多く働いています。