キャッチコピーの魔法

キャッチコピーは広告宣伝、そしてブランディングにおいて欠かせないもの。

商品やサービスの魅力を端的かつ鮮明に伝えるには、どのような言葉選びをするのが良いのでしょうか。

キャッチコピーの役割とは

 

①要点を凝縮:

キャッチコピーとは、製品やサービスの要点をシンプルに伝えるもの。

消費者は多くの情報にさらされていますが、その中で自社のメッセージを際立たせることができます。

②ブランドイメージの構築:

ブランドの文化や価値観、考え方を一目で伝えることができます。

③アイデンティティの強化:

ブランドのアイデンティティを強化し、競合他社との差別化を図るのに役立ちます。

 

 

名作キャッチコピー

みなさんも一度は聞いたことのある有名なキャッチコピーを集めてみました。

 

i’m lovin’ it – マクドナルド

ファストフードらしくカジュアルで親近感のあるフレーズ。

NO MUSIC NO LIFE- タワーレコード

同じ言葉を繰り返すことでリズムがよく、口に出したくなるフレーズ。

あなたと、コンビに、ファミリーマート – ファミリーマート

コンビニとコンビが掛かっていて覚えやすい。コンビニはよく利用する人も多いのでコンビという言葉とマッチしている。

インテル入ってる – インテル

韻を踏んでいて、つい言いたくなるフレーズ。パソコン機器に詳しくなくても馴染みやすい。

ひとの 時を、想う。 – JT

ネガティブな印象を持たれがちなタバコだが、柔らかいフレーズを使いイメージアップを図っている。

 

 

 

キャッチコピーの作り方

人々の記憶に残るキャッチコピーに共通する条件とはなんでしょうか?

 

①シンプルなメッセージ

消費者がすぐに理解できる、短く簡潔な言葉やフレーズを使う。

②魅力的な言葉選び

興味を引く印象的な語彙を使用する。

③ターゲット層への合致

ブランドの一貫性を保ちつつ、ターゲット層の言語や価値観に合った表現を用いる。

④感情を呼び起こす

喜び、誇り、興奮、安心感など、適切な感情を引き出す言葉。

⑤ユニークさ

競合他社との違いを強調し、ブランドを際立たせる。

 

まとめ

 

キャッチコピーは広告の魔法の杖です。

たった数文字の短い言葉かもしれませんが、その背後には広告キャンペーンの成功やブランドの成長を支える力が宿っています。

私たちの心に響く言葉が、私たちの選択や行動に影響を与え、ブランドのストーリーを永遠に記憶に刻むのです。

リーセンドは広告業界23年のノウハウを活かして、”心が動くキャッチコピー”をご提案いたします。

是非お問合せください。